洞爺湖周辺のキャンプツーリングおすすめ情報

北海道ツーリングで訪れた洞爺湖とその周辺の様子についてご紹介します。今回はキャンプツーリグということで、私が利用したキャンプ場や、洞爺湖温泉の日帰り温泉の情報なども合わせて紹介しますので、是非参考にして下さい!

スポンサーリンク

洞爺湖でキャンプツーリングを楽しもう♪

洞爺湖は、北海道の南西部に位置する湖で、火山活動によってできた凹地に水が溜まることによってできたカルデラ湖です。カルデラ湖としては日本で3番目に大きい湖で、1周はだいたい40kmくらいあります。道路はちゃんと繋がっていますので、湖の周りをぐるっと1周走ることも可能です。ちなみに私は西側半分のみ走りました。湖を横目に見ながら気持ちよく走れる道ですが、ところどころ道幅がかなり狭い箇所もあるので、飛ばし過ぎにはご注意下さい

とうや水の駅で一休み

札幌方面から230号線を南に向かって走り、湖の北側から入るルートで洞爺湖に到着!ということでまずは洞爺湖の北岸にある「とうや水の駅」でちょっと一休み。建物のすぐ裏が湖になっていて、美しい洞爺湖を眺めながらのんびりくつろぐことができるおすすめのスポットです

建物内は天井が高く、明るくてとても開放的。木のぬくもりが感じられる落ち着いた雰囲気で、正面のガラス扉の向こうにはテラス席も用意されています。すぐ目の前に美しい洞爺湖が広がる最高のロケーションです

湖のすぐ側まで歩いていくこともできます。近くで見ると、透明度が高く水がとてもきれいなことが分かります。湖の深さによって水の色が透明からエメラルドグリーン、濃い青色に変わっていて、そのグラデーションがすごく美しい!

洞爺湖中心に浮かぶ中島

中央に見える山が、洞爺湖の中心に浮かぶ『中島』。ちなみにこの中島には、遊覧船で上陸することも可能で、島にはエゾシカなどの標本、ジオラマ、森林の資料などを展示する「洞爺森林博物館」があります。昔はこの中島にも人が住んでいたそうですが、現在は誰も住んでいない無人島になっています。島ではエゾジカが大量に繁殖しているらしく、売店で売っているエサをあげたりして普通に触れ合うことも可能なんだとか

■洞爺湖の遊覧船情報
住所:北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29番地
TEL:0142-75-2137
運航時間/所要時間:
【夏季(4月下旬〜10月末日)】8:00~16:30(30分毎)/約50分(中島に下船した場合は30分後の船に乗り換えて約80分)
【冬季(11月〜4月初旬)】9:00~16:00(60分毎)/約30分~45分 ※冬季は中島に下船できません
料金:大人1,420円、小人(小学生)710円
URL:http://www.toyakokisen.com/

洞爺湖を一望できる絶景スポット「サイロ展望台」

とうや水の駅で洞爺湖を間近で満喫した後は、次にそこから10分ほどの高台にある『サイロ展望台』に行ってみましょう。お土産品などを販売している建物を抜けた奥にはめちゃくちゃ広い展望台があって、そこからは美しい洞爺湖の景色が一望できます。まさに絶景!

写真に写っているヘリコプターは、この展望台のすぐ横にあるヘリポートから飛び立った遊覧ヘリ。すごく乗ってみたかったのですが、料金見たら今回の旅の予算ではちょっと手が出る価格では無かったので止む無く断念しました。でも、上空からの眺めは間違いなく最高でしょうね

■サイロ展望台の情報
住所:北海道虻田郡洞爺湖町成香3-5
TEL:0142-87-2221
展望台営業時間:
【夏季(5月〜10月)】8:30~18:00
【冬季(11月〜4月)】8:30~17:00
遊覧ヘリ:3分5,000円~(大人1人)、定休日水曜、※天候により運航出来ない日もあり
URL:http://www.toyako.biz/

おすすめキャンプ場「グリーンステイ洞爺湖」

この日、私が利用させてもらったのが、洞爺湖の西岸に位置するキャンプ場「グリーンステイ洞爺湖」。車やバイクを乗り入れてキャンプすることができるオートキャンプ場で、他にも大人数で宿泊できるロッジや、ワンボックスタイプの宿泊施設、ログハウス風に作られたバンガローなどがあります。キャンプ場中央には広々としたセンターグリーンとアスレチック遊具が配置され、もちろん水場、トイレも複数あってすごく綺麗に管理されています

管理棟にはコインランドリー、コインシャワーも用意されていて、しかもちょっとした食料品や飲料、日用品などが買える売店まであります!

テントサイトは1区画がかなり広めにとられていて、それぞれが道で区切られているので、他のお客さんがいてもほとんど気になりません。この日は、比較的空いていたせいもあって、とても静かで雰囲気も最高♪キャンプツーリングで来ているライダーさんは他にも3人ほどいましたが、場所はとなり同士でも距離がかなり離れているので、交流する機会は全くありませんでした

テントサイトは柔らかい草の地面。所々に木が植えられているので、日差しを避けて木陰にテントを立てることも可能です。ここまで綺麗に管理された充実したキャンプ場はなかなかお目にかかれない、それくらいこの「グリーンステイ洞爺湖」は、施設や設備など全てにおいてかなりハイグレードなキャンプ場でした

至れり尽くせりな環境でキャンプできるので、ファミリーやライトユーザーが洞爺湖周辺でキャンプするには持って来いの場所でしょう。個人的には、広々とした区画で周囲がほとんど気にならないところがすごく気に入りました

1点だけ残念なところをあげるとすれば、こちらのキャンプ場、湖に面した場所にあってすぐ目の前が洞爺湖という立地なのですが、残念ながらテントサイトから直接湖を見ることはできません。湖の西岸にあるので、洞爺湖から登る朝日が見えるかな、と期待していたのですが、それは無理でした。ただ、湖岸までは歩いてもすぐに行ける距離にあるので、見れないことはありません。私はというと、キャンプ場があまりにも静かで気持ちよく眠ることができたので寝坊してしまい、目が覚めた時には既に太陽は登ってしまっていました笑

■グリーンステイ洞爺湖の情報
住所:北海道虻田郡洞爺湖町月浦56
TEL:0142-75-3377
キャンプ時間:
【泊まり】13:00~翌日12:00(チェックイン18:00まで)
【日帰り】8:00~16:00
売店営業時間:7:00~20:00
料金:700円(バイク)、ゴミ捨て代100円
URL:http://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/outdoor_camp/odc001/

洞爺湖温泉で日帰り温泉

グリーンステイ洞爺湖から5分ほど走ると洞爺湖温泉街があります。メイン通りにはホテルや旅館が数多く立ち並んでいて、温泉街の雰囲気を味わうことができます。ホテルや旅館ではどこも大抵、日帰り温泉をやっていて、バイクでふらっと立ち寄っても心良く受け入れてくれるので、1日走って疲れた体をゆっくりと温泉に浸かって癒やしましょう

洞爺湖温泉を満喫した後は、ホテルの目の前にあったコンビニでこの日の夜の宴用にビールや食料をしっかり買い出しして、再びキャンプ場に戻りました。う~、早く飲みたいっ!

ダイナミックな自然を満喫「昭和新山」

翌日、キャンプ場を出て、洞爺湖から南に5分ほど走ると、今でもモクモクと噴煙が立ち上る「昭和新山」に着きました。ダイナミックな北海道の自然を満喫できるこちらもおすすめのスポットです。火山を近くで見ることができるというだけでも来る価値は十分にありますので、駐車場料金だけ払って(バイクは100円)記念撮影しましょう。もっと楽しみたい!という方であれば、昭和新山の麓から隣の有珠山山頂を繋いでいる「有珠山ロープウェイ」に乗ると、洞爺湖周辺の美しい大自然を更に楽しむことができるでしょう

■昭和新山の情報
住所:北海道有珠郡壮瞥町昭和新山
駐車場料金:100円(バイク)
有珠山ロープウェイ
営業時間:8:00~18:00
運賃:大人1,500円、小人(小学生)750円
URL:http://usuzan.hokkaido.jp/ja/

まとめ

洞爺湖とその周辺は、北海道の美しい大自然を思う存分楽しむことができる人気のエリアです。洞爺湖にキャンプツーリングへ行く予定の方は、是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする